オンリーワン そのほかの電球

ラインナップ

フロスト電球
LDC001-W

¥2,000 (税抜)
日本初LEDフロスト電球(ST28 サイン球タイプ)
口金E14の本製品は多くのインポートランプにご使用できます。
オンラインストア
  • 全光束(lm):100 (15W相当)
  • 定格寿命(h):30000
  • 入力電流(A):0.03
  • 定格電圧(V):100(50/60Hz)
  • 定格消費電力(W):1.8
  • 色温度(電球色)(K):2500
  • 口金:E14
  • 寸法(mm):Φ28x65
  • 質量(g):13
  • 演色性(Ra):80
LDC001-W 仕様図(PDF)
LDC001-W 姿図(DXF)   

フロスト電球(口金 G9)
LDC2

¥3,000 (税抜)
ピン口金タイプのG9
海外製品の輸入灯具などで多く使用されています。
オンラインストア
  • 全光束(lm):200 (20W相当)
  • 定格寿命(h):15000
  • 入力電流(A):0.02
  • 定格電圧(V):100(50/60Hz)
  • 定格消費電力(W):2
  • 色温度(電球色)(K):2700
  • 口金:G9
  • 寸法(mm):φ13x50
  • 質量(g):5
  • 演色性(Ra):82
LDC2 仕様図(PDF)
LDC2 姿図(DXF)   

G9と呼ばれる形状の電球は国内外問わず多くの照明ブランド照明機器で採用されているピン差し込みタイプの電球です。
従来のG9電球はハロゲンタイプ(ハロゲンガスを用いた白熱電球)が主流でしたが、ハロゲンタイプは消費電力が大きく、昨今の省エネの規制やトレンドに合わないため大手メーカーでは生産終了が続きました。
しかし、G9は小型ゆえにLED化が難しく、ハロゲンタイプの生産が終了していく一方で、性能と意匠性を両立させたLEDタイプはなかなか市場に登場しなかった背景があります。
「LDC2」は、照明器具のデザインを損なわず、なおかつ耐久性や省エネ性能に優れたLEDタイプのG9電球です。ハロゲンタイプと比べ消費電力は約1/10、定格寿命は約7倍を実現しました。

警告

  • 取付け、取外しや清掃の際は、必ず電源を切ってください。(感電の原因)
  • 調光機能のついた器具や回路、HIDランプ器具(水銀灯、ナトリウムランプ、メタルハライドランプなど)、非常用照明器具、誘導灯器具、断熱材施工器具などでは絶対に使用しないでください。(破損、発煙の原因)
  • 紙や布などでおおったり、燃えやすいものに近づけないでください。(火災の原因)
  • 直流電源では絶対に使用しないでください。(破損、発煙の原因)

注意

  • 点灯中や消灯後しばらくは金属部が熱いので触れないでください。(ヤケドの原因)
  • 物をぶつけたり、傷をつけたり、強く握ったりしないでください。
  • 水滴のかかる状態や湿度の高いところで使用しないでください。(破損、絶縁不良の原因)
  • ランプソケットに確実に取付けてください。(落下の原因)
  • 点灯中のランプを直視し続けないでください。(目を傷める原因)
  • ガラス取扱には十分注意してください。(怪我の原因)
  • 分解しないでください。(感電の原因)

ご使用上の注意

  • 定格寿命は全光束(明るさ)が定格の70%となるまでの時間です。
  • 定格寿命は明るさの経年劣化を示す平均値であり、製品寿命の保証ではありません。
  • ガラスグローブは製造上、キズや厚さの不均一などが生じますが品質に問題はありません。
  • 雷サージ対策ブレーカー(バリスタ付ブレーカー)を通った配線にてご使用ください。(雷の高電圧サージによる短寿命の原因)
  • 水洗いや分解、改造は絶対にしないでください。LED素子などは交換できません。
  • ラジオやテレビなどの音響および映像機器の近くで点灯すると、雑音が入ることがあります。(雑音が入る時は、ランプから1m以上離してご使用ください。)
  • 赤外線リモコンを採用した機器(テレビやエアコンなど)の近くで点灯すると、リモコンが誤作動することがあります。
  • LED素子にはバラツキがあるため、同じ品番の商品でも光色、明るさが異なることがあります。
  • 外観などの仕様は、予告なく変更することがあります。
  • 推奨使用周囲温度は5~40℃です。
  • ホタルスイッチ機能のついた器具、空気容量が2リットル未満の密閉器具には使用しないでください。
  • 電源を切っても残光(瞬時に消灯せず光が徐々に消える)があります。消え方には若干の個体差があります。
 法人のお客様へ

法人のお客様は、専用ページをご用意しております。

法人トップへ